CMIのひと

製造3課 栗東工場 ハルカさんのはたらく声をお届け。

1年がかりでフッ素樹脂チューブの成形加工を習得しました

入社のきっかけは、高校にきていた求人でした。なんとなく、接客の仕事は大変そうだし、黙々と作業できる仕事の方が自分には合っているような気がして、この会社を選びました。

目に見えない細菌や小さなホコリなどを取り除いて、製品に付着するのを防止するためにつくられた「クリーンルーム」と呼ばれる部屋で、半導体の洗浄装置に使われている薬剤を通すためのチューブを加工しています。

熱を加えたり、冷やしたりして、図面通りのカタチになるようチューブを成形していくのですが、最初はどうしたらうまく曲がるのかが全くわからず、先輩に付きっきりで教えてもらいました。

何とかそれなりに加工できるようになるまでに数ヶ月、そこからさらに経験を積んで、先輩に頼らずにひとりで加工できるようになるには1年ほどかかりました。

気の抜けない作業ですが、達成感もハンパない!

長いものや太いものなど、チューブの種類もさまざまです。1本のチューブに何箇所も曲げたり、太いチューブを曲げる時には力がいるので、慣れない間は腱鞘炎になったりもしました。同じチューブを何本も加工する時には、製品にばらつきが出ないよう公差を厳しく、精度を保つよう気を配っています。気の抜けない大変な作業ですが、その分、やりがいもあります。

チューブのサイズや成形の複雑さによっても違いますが、だいたい1日平均で50〜60本の加工をしています。繁忙期には受注本数が2万本を超える時があるのですが、数が多ければ多いほど燃えるタイプなので、すべての本数を加工し終えた時は、まさにミッションクリア!その達成感といったらハンパないです。

図面を解読するのも楽しく、複雑な図面を読み解きながら、オーダーどおりにうまく仕上げられた時はとても嬉しいです。

とはいえ、基本的には同じ作業の繰り返しなので、いかに集中力を切らさないようにするかが課題です。頭を無にして没頭することもあれば、音楽を聴いてちょっと休憩をはさんでみたり、うまく気分転換しながら集中力を保っています。

周りの見本になれるよう頑張っていきたい!

入社14年目になり、現在は主任という立場から後輩の指導にもあたっています。社内では、女性で初めての主任ということもあり、私に務まるかなと不安に思うこともまだまだありますが、本社から離れた場所にいても、自分の頑張りを評価してもらえたことは、素直に嬉しいです。会社はちゃんと見守ってくれてるんだなという安心感があります。

指導にあたっては、職場内で作業が上手くいっていない人や何らかのミスがあった場合は、こちらから一方的に意見を言うのではなく、まずは相手の話をよく聞いてから、アドバイスするようにしています。

なるべくロスが少なくて済むよう、早めに対応して軌道修正するよう心がけていますが、他の部署ではどんな風にアドバイスをしているのかも参考にしたいので、もう少し、部署間で意見交換できるような場が欲しいです。

髪の毛は青くても、仕事で真っ青になることがないように!?仕事はきっちりとこなして、周りの見本となれるよう頑張っていきたいです。

休暇も取りやすく、とても恵まれた職場環境です

現社長とは入社時期が同じだったので、同じ部署で一緒に仕事をしていたこともあります。年が近いということもあり、同世代である若手の気持ちを理解してもらえるのはすごく助かっていますし、休暇も比較的とりたい時に取れるので、とても恵まれた職場環境だなと思っています。

思い返すと、入社した時は、半導体がどんなものなのか、何をつくっている会社なのか、正直、あまりよくわかっていませんでした(すいません)。けど、仕事を覚えていく中で、業界のことも少しずつ理解していけたので、未経験の人が働きやすい職場だと思いますし、職場を明るくしてくれるような、元気な人材に入ってきてもらいたいです。

 

他のリアルボイスを見る


品質管理課 品質一係

製造3課 栗東工場

製造一課 加工グループ(NC複合施盤)

営業業務課 配送

製造2課

 

ともに成長し、ともに笑おう。

世界の先端技術を支えているという誇りを持ち、
今日より明日、そして未来の日本シーエムアイを一緒につくっていける人を探しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

コンテンツ

CMIではたらく


日本シーエムアイってどんな会社?どんな仕事?そんな疑問に詳しくお答えします。

CMIのひと


日本シーエムアイで働く先輩たちのリアルボイスをお届けします!

CMIのみらい


代表取締役社長 鈴木 昻が語る、日本シーエムアイの歩みと、これから。

CMIのホントのトコロ


私たち日本シーエムアイの社風について、2021年6月に実施した社内アンケートの実際の結果からご紹介します。

募集要項


日本シーエムアイの募集要項はこちらから。


 


TOP